岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語10.24  渡鹿地区「県政を語る会」実施

  • 2018.10.25

10月24日、託麻原校区渡鹿地区の県政を語る会が開かれ、参加者100人を前に小1時間岩下が「県政について」語った。語る会はこれで本年16回目となった。

スピーチの中で岩下は、国政や外交の現状と課題を指摘した上で、「県民本位の立場を貫き、こどもの未来や弱者の立場を忘れず県民の福利向上を目指す」と県政の基本的な姿勢を明らかにし、社会保障、震災からの復旧復興の取り組み、観光振興策などの問題について報告した。また、渡鹿にちなんだ話題として白川龍神橋周辺の整備の経過や、渡鹿地域で「世界かんがい施設遺産」に登録された渡鹿堰(とろくぜき)にも触れた。

スピーチ後、参加者から「熊本城の再建に莫大な費用がかかるのもわかるが、県民の住まいの再建とのバランスも考えてほしい」と市政に関わる意見も上がった。その他、参加者からは岩下氏の7期目に向けた激励や応援のコメントも寄せられた。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。