岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語12.1  県立熊本はばたき高等支援学校 開校

  • 2019.12.2

特別支援学校「熊本はばたき高等支援学校」は四月に開校。今般、秋晴れの空の下、開校式典が挙行され、岩下も知事や議長以下同僚10名とともに出席、門出を祝った。

本校は、知的障がいのある生徒を対象に木の香のかぐわしい新校舎で高等部普通科27学級計110名が学んでいる。

教育目標として「生徒一人一人の生きる力を高める授業の創造を通して、人とかかわり、社会生活、職業、生活に参加する力を高めるとともに、目標に向かってやり抜く力を培う」としており、校訓として「学ぶ、つながる、やり抜く」を掲げている。

可能性の生まれる学校として障がい者の自立を支えるとともに社会の一員として伸びゆくことを心より願いたい。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。