岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語8.4   野田総務大臣が来熊、講演

  • 2018.8.4

野田総務大臣が来熊、講演

自民党総裁選に意欲を示している野田聖子総務大臣が8月4日、メルパルク熊本にて自らの政治塾出前講座で講演し、少子化時代の問題点、女性の働き方改革や人口減少社会の問題などを熱く語りました。潮谷前知事や小池市議のお世話によるもの。

かつての同僚である岩下も激励しましたが、そのなかで総裁選には意欲を持っているが、現時点で推薦人の20名が集まらないが、応援してほしいと要請をうけました。

和装議員連盟で日本の文化の継承など語りあう野田聖子氏と岩下(当時)代議士

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。