岩下栄一のめざすもの、果たしたい責任 ―くまもとの未来を拓く50の目標―

①震災からの復旧復興を加速化させ、創造的復興を達成へ

◆推定4兆円に及ぶ県土の損害を出した4.16地震から3年、被災者の住宅の確保と県民の生活安定を急ぎ、創造的復興を達成する
◆阿蘇地域の寸断された道路を一日もはやく復旧し、阿蘇観光の再生をめざす
◆熊本城や阿蘇神社など県民の象徴的文化財を復興し、本県の誇り、財産をとり戻す
◆郷土の心である文化財の復旧復興を急ぎ保護保存、また歴史的建造物や街並みの保存をめざす
◆何といっても防災対策が一番。国土強靭化法に沿うとともに橋梁、建造物の耐震、安全確認を急ぎ、常に防災減災に意を用い、安全安心の県土をめざす
◆危険ブロックの点検、撤去を

Ⅰ.地方創生で魅力あるくまもとを
◆地方の自立を促し、地方の特徴とポテンシャルをさらにほりおこす。

Ⅰ.さらなる財政健全化を
◆蒲島県政の財政再建への努力と見識を評価し、次世代のためさらなる財政健全化をすすめる
◆公会計改革、単式簿記から複式簿記へ。
正確なストックやコスト情報を把握、経費削減を。また財政評価システム強化、不補充による定員管理。企業誘致による税収増をめざす

Ⅰ.経済活性化こそ
◆ひき続き工業出荷高4兆円をめざす
◆商店街、中心市街地の振興を。中心市街地の拠点性向上  
◆非正規雇用の実態を把握、就職氷河期の人々、とくに若者の雇用対策に力点を
◆働き方改革による雇用環境の変化をふまえ、地域経済を支える中小企業、小規模事業者に寄りそい、持続的な発展を支援

②潜在力を掘りおこし、新たな価値の創造を

Ⅰ.教育立県こそ熊本の未来の鍵
◆読書推進やよみきかせで徳育、また正しい国語教育を
◆理科離れをふまえ、自然や科学に親しむ環境を
◆食育、体験学習で、集団性のなかに思いやりある子供たちを
◆「ロアッソ熊本」「熊本ヴォルターズ」や世界女子ハンドボール大会、ラグビーワールドカップ大会の支援などスポーツを愛する県民的風土の醸成に力を注ぐ。世界女子ハンドボール大会について公立学校の児童生徒、私立学校生徒の観戦への無料招待を促す。
心と技の武道教育を。スポーツを通して青少年の健全育成を
◆公私間の格差を改善するとともに私学の人間教育を支援
◆学校施設の空調100%をめざす
◆防災教育を進める
◆幼児教育の重要性にかんがみ幼稚園を支援、充実を

Ⅰ.文化、科学、環境で熊本を日本、そして世界へ発信
◆芸術を志す若い人材を支援し、芸術文化の輝く熊本を
◆熊本城の復旧を急ぎ、復旧後の城内に能楽堂、県立劇場にパイプオルガンを
◆阿蘇を中心に知的財産を発信するため、世界の研究者の集う場づくりを
◆都市圏の環境保全を強化
PM2.5対策。CO₂削減のための行動計画。
地下水の硝酸性窒素汚染の調査と防止を

.若い世代をさらに大きく、伸びやかに――若い世代は未来の鍵
◆18歳選挙権にちなみ正しい政治知識で正しい政治参加を
◆時習館構想をさらに発展させ、青少年をより多く海外へ
◆青少年のボランティア体験を

Ⅰ.観光開発で熊本の活性化
◆くまもとの魅力はその歴史と文化。熊本の力である精神的価値を発信し、誘客をはかる。「行ってみたい」「また来たい熊本」づくりをめざす
◆アジア戦略をさらにすすめ、アジアとの物流、人的交流の活発化をめざす

③未来への責任

 Ⅰ.1次産業こそ国と県の生命線
◆環境型産業を進め、日本一の米、野菜などブランド化を推進
◆県農業産出額全国6位をキープ。トマト、ナスなど主要品目の生産をさらに。
◆食の安全こそ県民の安心。有機農業による安全な県産品を県外へ
◆高齢化にともなう担い手不足解消のため、農家所得をアップ、農業を魅力のある産業へ
◆有明海の再生と海洋資源の保護。「魚食文化」の復活を

Ⅰ.医療福祉の先道県をキープ、健康づくり日本一
子育て日本一の熊本を。またお年寄こそ主役
◆小児医療費を適正に補助、子育てしやすい環境づくりを。保育職員の働きやすい環境を。看護人材の子女の学童保育を改善、看護師不足の解消、処遇改善を。災害拠点病院はじめ医療機関の耐震化を進める
◆産科・小児科の医師不足の解消、大学病院などとの連携を
◆福祉施設従事者の勤務条件を改善
◆障害者の自立支援と働きやすい環境づくり
◆男女共同参画をさらにすすめ女性の社会進出に支援を
◆高齢者の自助・共助をすすめ「地域包括ケア」システムの充実を。高齢者を社会の担い手に
◆2025年問題に対する県民的議論をたかめ人口減少時代・超高齢社会について県民の理解と協力をもとめる
◆こどもの貧困問題につき調査を続行し、対応策を。
◆介護人材不足にかんがみ人材の確保を
◆認知症サポーターをより多く広く
◆がん検診の充実を

Ⅰ.交通体系を整備
◆コンセッション方式による新空港を歓迎し、大空港構想の具体化、実現を。
◆空港へのアクセス向上のためJR延伸(三里木からの分岐)実現化を
◆空港滑走路の延伸を
◆台湾高雄、香港、上海などの航空路の充実をめざす
◆まちなか交通の利便向上
◆東バイパスの渋滞緩和

Ⅰ.県民の安心、安全を
◆「安心・安全・安定の熊本づくり」を推進
◆テロ対策、治安対策をすすめ、また、不法滞在外国人の把握
◆陸上自衛隊との防災への積極的体制づくり
◆地域の「消防団」「防犯協会」「青少年健全育成協議会」「交通安全協会」「自主防災クラブ」など、ボランティア組織を応援し、地域の絆と連携の強化をめざす

防犯協会長としてこどもを守るパトロール

ピックアップ記事

  1. 【大会ビジョン】「絆 協創 そして前へ」ConnectCreate Go For...
  2. 昨年開設した岩下文庫には、今月約20冊の新規の入庫があったが、そのうちの一冊。
  3. 県議選も終り、結果として18,234票いただきました。
  4. 【選挙事務所のご案内】2月13日に「事務所開き」を開催いたしましたのでご案内いたします。
  5. 創立60周年を迎えた帯山中学の大同窓会が11月25日(日)、ホテルキャッスルで盛大に行われた。