岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語6.22

  • 2018.6.22

6月22日の厚生委員会で岩下は、生活保護システムの件を取り上げ「審査において、客観的な見方がされているか、不正受給や不公平がないように」との意見を述べました。
また「8020の高齢者の歯科問題で、啓発啓蒙を進めるべきだ」と述べました。

ピックアップ記事

  1. 長崎原爆の日、実践倫理宏正会の平和記念朝起き会に参加しました。
  2. 『岩下文庫』開設この度、岩下事務所内に岩下文庫を開設。
  3. 校区防犯協会の会長である岩下は、地域の安全安心を守るパトロール活動を実践していますが、地域の同志の皆...
  4. このところいろいろな感謝状をいただいていますが、青少年を地域で健やかに育成する活動を青少年健全育成協...
  5. 県と市が主催する「第17回くまもと障がい者スポーツ大会」が5月20日(日)、熊本県総合運動公園陸上競...