岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語12.7  拉致問題県民集会 開催

  • 2019.12.8

北朝鮮拉致被害者の一日も早い帰国を!

12月7日、北朝鮮拉致被害者の帰国をめざす拉致問題解決のための県民集会が開催され、岩下も拉致議員連盟の一員として出席した。会には知事はじめ議員連盟の同僚議員また支援の県民約500人が出席。本県関係の拉致被害者の松木薫さんの姉齋藤文代さん。横田めぐみさんの弟拓也氏も出席。増元るみ子さんの姉平野フミ子さんも出席。家族としての苦しみ悲しみを語り会場の涙を誘った。

政府から菅官房長官兼拉致問題担当大臣も来熊。政府としての取組みをあらためて誓った。

アジアにおける最大の人権問題であり、一日もはやく被害者が全員帰国、問題が解決することを願ってやまない。

ピックアップ記事

  1. 【大会ビジョン】「絆 協創 そして前へ」ConnectCreate Go For...
  2. 昨年開設した岩下文庫には、今月約20冊の新規の入庫があったが、そのうちの一冊。
  3. 県議選も終り、結果として18,234票いただきました。
  4. 【選挙事務所のご案内】2月13日に「事務所開き」を開催いたしましたのでご案内いたします。
  5. 創立60周年を迎えた帯山中学の大同窓会が11月25日(日)、ホテルキャッスルで盛大に行われた。