岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語9.21  新・熊本市民病院の落成を祝う

  • 2019.9.22

かねて移転新築中の市民病院がようやく落成した。

大西市長の熱意とリーダーシップで完成したもの。

地震で被害をうけた当院は、財務省や厚労省の支援のなか拠点病院としての万全の機能を整え、スタートをきった。

岩下は地震前から当院の改築を主張していたが、今日に到った。

脳梗塞を発症した岩下は地震直前に入院、娘も出産前で入院していたが、震災のため福岡こども病院に転院をよぎなくされた。

当院は周産期医療、小児医療では全国的に評価が高く、高度な専門性を有する。

政策医療に高い期待がよせられている。またチーム医療の実践にも期待が高まっている。

ピックアップ記事

  1. 【大会ビジョン】「絆 協創 そして前へ」ConnectCreate Go For...
  2. 県議選も終り、結果として18,234票いただきました。
  3. 【選挙事務所のご案内】2月13日に「事務所開き」を開催いたしましたのでご案内いたします。
  4. 創立60周年を迎えた帯山中学の大同窓会が11月25日(日)、ホテルキャッスルで盛大に行われた。
  5. 岩下栄一後援会女性部「あけぼの会」では男女共同参画時代をふまえ、女性の政治意識とリテラシー向上のため...