岩下栄一のプロフィール

Ⅰ.学びの庭に青春をかけて(学歴)

愛光幼児園、大江小学校、詫麻原小学校、帯山中学校、熊本高校、早稲田大学卒
有斐学舎出身、早稲田大学大学院政治学研究所卒業(政治学修士)
東京大学社会科学研究所研究生中退
京都大学大学院に博士論文提出準備中

Ⅰ.若き日の政治活動―河野洋平氏とともに(職歴)

昭和47年 河野洋平氏の文部政務次官就任に伴い
日本学術振興会国際課の職員から秘書となる。
昭和51年 河野氏を支え新自由クラブ結成
全国遊説部長として河野氏とともに全国遊説 44都道府県
昭和61年 河野氏の第二次中曽根内閣の入閣に際し
国務大臣秘書官(科学技術庁長官付)を拝命。
衆議院当選後、宏池会(宮澤派)大勇会(河野グループ)に所属。
その後、外務大臣補佐役。衆議院議長相談役


河野氏を支え、新自由クラブの結成に立ち会う(=写真右端が岩下)

河野洋平国務大臣(左)の秘書官として(=写真右が岩下)

党遊説局長として活動する岩下(=写真右、左は宮澤元総裁)

Ⅰ.党員として(政党歴)

昭和51年 新自由クラブ全国幹事、全国遊説部長
昭和62年 自由民主党県連筆頭副幹事長、遊説局長
自由民主党第一選挙区支部支部長、県連顧問などを歴任

平成10年 衆議院国会対策委員・自民党文教副部会長、労働副部会長、遊説局次長、
宏池会、河野グループ所属

平成30年 現在 県連副会長

Ⅰ.県政から国政へ、国政の経験を県政へ(議員歴)

昭和54年、62年、平成3年、7年、熊本県議会議員当選
総務、厚生、経済、建設常任委員
総務、厚生、環境対策の各委員長
副議長(平成7年)

この間、県財政審議会、私学審議会、医療審議会など約30の審議会委員。

平成10年、衆議院議員当選
環境、厚生、科学技術、安全保障、文教の各委員。

整備新幹線建設促進議員連盟、
商店街振興を推進する有志議員の会、
水と緑と食糧を守る議員連盟、
21世紀の社会保障制度を考える議員連盟、
看護技術者対策議員連盟、
地球環境国際議員連盟、
私学振興議員連盟など110の議員連盟に所属。

平成12年、平成15年衆議院議員選挙次点惜敗

平成23年、27年、熊本県議会議員当選
厚生、経済、総務の委員。
決算特別委員長(平成26年)
県議会議長(平成29年)


県議会で副議長を務める岩下(=写真右)

国会でも論陣を張る岩下(=写真中央)

県議会で議長を務める岩下(=写真左、中央は蒲島知事)

<議長職に伴う役職>
熊本県防犯協会副会長
熊本県防衛協会副会長
熊本県体育協会副会長
熊本商工会議所顧問
熊本交響楽団顧問
熊本県信用保証協会理事
熊本空港ビルディング理事

<全国議長会に伴う役職>
経済産業委員会、国土交通委員会、社会文教委員会、国土交通委員会委員
半島地域振興対策議会議長連絡協議会委員
太平洋新国土軸推進府県議会議長連絡協議会委員
離島振興対策都道府県議会議長会委員
全国過疎地域自立促進連盟委員
都道府県議会議員共済会委員

Ⅰ.若い世代とともに。40年の教壇

崇城大学、近畿大学、帝京大学、長崎国際大学で講師(政治学など)。党中央政治大学院教授。熊本学園大学評議員。
現在、九州栄養福祉大学、平成音楽大学客員教授。

Ⅰ.地域の人々とともに

小学校PTA会長(元)、町内自治会長、公民館長(元)
青少年健全育成協議会会長(前)、校区防犯協会長
小学校PTA連合会理事(元)、市青少協理事(元)

Ⅰ.社会奉仕をめざしてボランティア

熊本青年会議所、熊本中央ライオンズクラブ(元会長)などの奉仕活動
米国テキサス州名誉州民、熊本ベトナム協会、九州スリランカ交流協会会長(元)などの国際協力
熊本シンフォニーユースオーケストラ副会長
熊本県ドッジボール協会会長(元)
帯山中学校同窓会長、熊本高校、早稲田大学同窓会幹事、愛光幼稚園同窓会長など

<その他の役職>
学校法人浄国学園理事
社会福祉法人しあわせ福祉会理事
熊本中央ライオンズクラブ会長(元)
帯山中学校同窓会長

Ⅰ.若き日・・・世界の大空へ

アメリカ、イギリス、ドイツなど世界56か国歴訪
全国青年政治研究会会長として
アメリカ大統領選挙視察、イギリス議会制度研究視察
世界青少年交流協会よりヨーロッパ9か国派遣
河野国務大臣の随員でオーストラリアへ、エバンズ科学大臣と面談
細川護煕氏の名代として日米青年政治指導者プログラムで訪米、ドール院内総務らと面談
衆議院の代表として世界園芸博覧会(中国雲南省)


日米青年政治指導者プログラムに参加する岩下(=写真、右から3番目)

~県議会議長としてくまもとを世界へ~

   世界女子ハンドボール選手権大会の事前大会アリーナ、運営状態視察でハンブルクへ
 中国 広西壮族自治区との35周年で中国 南寧へ
 MOU提携のためインドネシア バリへ


国際ハンドボール協会との協議(ドイツ)

国立ウヤダナ大学を訪問(インドネシア)

Ⅰ.論文など

1971年 早稲田大学大学院政治学研究科修士論文「政治宣伝の研究」
1976年 共訳 Jマックファーレン「政治的不服従論」早稲田大学出版部
その他 「国民投票制度の研究」
「明治14年政変と立憲政治」
「満州事変と日中関係」
「英国議会と地方自治」など論文

ピックアップ記事

  1. 長崎原爆の日、実践倫理宏正会の平和記念朝起き会に参加しました。
  2. 『岩下文庫』開設この度、岩下事務所内に岩下文庫を開設。
  3. 校区防犯協会の会長である岩下は、地域の安全安心を守るパトロール活動を実践していますが、地域の同志の皆...
  4. このところいろいろな感謝状をいただいていますが、青少年を地域で健やかに育成する活動を青少年健全育成協...
  5. 県と市が主催する「第17回くまもと障がい者スポーツ大会」が5月20日(日)、熊本県総合運動公園陸上競...