ごあいさつ

この春、県議選で7選。

4月の統一選では現職優位新人猛追の選挙戦でしたが、幅広いご支援のひろがりのなか、多数の票をいただき、7期目を上位で当選を決めることができました。ありがとうございました。

年齢をかさね、さらに手足に障害を残すなかつらい戦いでしたが、お蔭さまで頑張りぬくことができました。

経験力をフルに発揮し、ご期待に応えてまいりたく念じております。何とぞご叱正ください。

令和の御代をむかえ最初の県議会が6月7日より開会され、新人を中心に一般質問が展開されました。

頼もしく力強い若手の活動を喜ばしく思っております。そうしたなか岩下は、総務常任委員と高速交通ネットワーク整備推進の特別委員に選任されました。

また、自由民主党では引き続き県連副会長、党紀委員長として活動することになっております。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。