最近思うこととお知らせ

いわもんニュース11.1 図書紹介 辻政信「潜行三千里」

昨年開設した岩下文庫には、今月約20冊の新規の入庫があったが、そのうちの一冊。

元陸軍参謀辻政信氏の戦犯をのがれてアジア諸国を逃げ回った逃避行の自叙。この度旧刊が毎日新聞によって復刊された。

辻氏は、ノモンハンやインパールなど陸軍がとことん敗北した作戦を主導し、作戦の天才とか絶対悪、悪魔の将軍といわれたが、戦後「潜行三千里」の自伝でベストセラー。

また戦犯解除後衆参両院議員を都合4期つとめた。現職議員の際、ラオス旅行中に失そう、行方不明となり、その後の消息は不明である。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。