岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語10.8  防災危機管理トップセミナーが開催

  • 2019.10.9

県下の市町村長、議員、関係者を対象としたセミナーが開催され、防災に対する認識を高めあった。千葉県にみられるようにトップによる初動対応がおくれたことが被害拡大につながったことを考える時、トップのあり方を問いかえしている。

特にメディアの対応、行政の長がメディアとどうむきあうかについてNHK放送文化研究所上級研究員入江さやか氏のレポートがあり、行政側の対応次第でメディアの機能が著しくたかまることがわかった。

異常な災害が多発している昨今、メディアの情報を的確に把握し、賢い選択をしていくことの大事さが認識させられた。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。