岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語10.12  本県と友好提携の中国広西壮族自治区代表団を歓迎

  • 2018.10.12

来熊している中国広西壮族自治区代表団の歓迎会が開催され、日中議連の一員として岩下も出席した。

36年前、当時の沢田一精知事とともに広西、南寧において友好提携の調印式に出席、両県での友好親善を誓いあった。

また、昨年35周年記念式典が南寧で行なわれ、岩下も県議会議長として36年ぶりに南寧を訪問。小野副知事や県議団とともに現地を視察した。

35年間、医学学術文化をはじめ人的交流はもとより物流の往来も活発化し、友好の具体的成果をあげてきた。

現地は、36年前にくらべると飛躍的に発展、新幹線や地下鉄が走り、その変貌ぶりに目を見張るものがあった。

中国人民の努力と広西壮族の人々の発展力は見習うべきものがあった。

ピックアップ記事

  1. 【大会ビジョン】「絆 協創 そして前へ」ConnectCreate Go For...
  2. 昨年開設した岩下文庫には、今月約20冊の新規の入庫があったが、そのうちの一冊。
  3. 県議選も終り、結果として18,234票いただきました。
  4. 【選挙事務所のご案内】2月13日に「事務所開き」を開催いたしましたのでご案内いたします。
  5. 創立60周年を迎えた帯山中学の大同窓会が11月25日(日)、ホテルキャッスルで盛大に行われた。