岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語10.2  厚生常任委員会で質疑

  • 2018.10.2

厚生常任委員会において要介護の高齢者が増大している時、介護人材が著しく不足しているとされるが、熊本の現状はどうかとの意見をのべた。熊本は900人程不足しているが、人材獲得に努力したいとの答弁を得た。

また、移植医療の問題でライオンズクラブ国際協会の献眼登録などの活動があるが、移植希望者とドナーのバランスはどうかとの質問をのべた。十分、充足していないとのことをふまえ、PRなどを拡大すべきだとのべた。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。