岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語12.7  拉致問題県民集会 開催

  • 2019.12.8

北朝鮮拉致被害者の一日も早い帰国を!

12月7日、北朝鮮拉致被害者の帰国をめざす拉致問題解決のための県民集会が開催され、岩下も拉致議員連盟の一員として出席した。会には知事はじめ議員連盟の同僚議員また支援の県民約500人が出席。本県関係の拉致被害者の松木薫さんの姉齋藤文代さん。横田めぐみさんの弟拓也氏も出席。増元るみ子さんの姉平野フミ子さんも出席。家族としての苦しみ悲しみを語り会場の涙を誘った。

政府から菅官房長官兼拉致問題担当大臣も来熊。政府としての取組みをあらためて誓った。

アジアにおける最大の人権問題であり、一日もはやく被害者が全員帰国、問題が解決することを願ってやまない。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。