岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語2.2-3  熊本城稲荷の初午大祭、加藤神社の豆まき神事に参列

  • 2019.2.3

熊本城稲荷神社初午大祭が、盛大に開催され、岩下も参列、ステージ上で開運御座、ひきつづいて福餅まきに参加した。一年で最も「気」の集まる日、晴天に恵まれ参列した数万人は福をいただき、本格的新年のスタートとなった。

また翌3日は加藤神社の豆まきが行なわれ、崇敬会の役員として出席、宮司とともに福内鬼外の神事に参列し、清浄な空気を満喫した。

加藤清正公は常に治政について「後の世のため」とおっしゃっているが、岩下も政治のあり方を次の世代に正しく引き渡すことだと強く思っており、そういうなかで熊本の震災からの一日もはやい全面復旧を願い行っているが、熊本の再建もさることながら内外の政治の不祥事と混迷の世相をふまえ、心の復興、建て直しの必要性を強く訴えたい。

   

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。