岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語2.6  県都計審で都市計画のマスタープランなど論議

  • 2019.2.8

県都市計画審議会が開催された。席上、岩下は次の発言をした。

○マスタープランの策定については、都市機能アップ、防災の観点から道路のネットワークなど、災害時の医療機関へのアクセス、医療機関どうしのネットワークを整備するため道路が生命線だ。こうした点から道路のあり方について都市計画マスタープランに位置づけてほしい。

○産廃場の新設については近隣の同意に十分に配慮すべき。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。