岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語6.17  高速交通ネットワーク整備推進特別委員会

  • 2019.7.10

6月の定例会の委員会では次のような発言をし、県執行部を質しました。

滝室坂の工事が進んでいることにつき一日もはやい完成が待たれる。そこで当地は地名のとおり水脈があり、多少工事に支障があるのでは。その点はどうか。

新空港について駐車場が大きくて使いづらいという関係者の声があるが、大型ジェット機を想定していたのか、利用しやすい空港に改善していくべきだ。

空港アクセスの三里木ルートについて一日乗車数6,900人、総工費380億円と想定されているが、費用対効果のうえでどうか。
モノレールの可能性はないのか(2500億とのこと)。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。