岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語8.15  戦没者慰霊式 参列

  • 2018.8.15

戦没者慰霊式

かつて岩下が責任役員を務めていた熊本県護国神社の戦没者慰霊式が行われ、参列しました。護国神社は、明治維新以降、国に殉じた約5万の御霊をまつりまつってあるが、先人のご恩を想い、しめやかにとり行われた。

また、全国戦没者追悼式典にあわせて県主催の戦没者慰霊式も行われ、岩下も参列した。昨年は、議長として追悼の辞をのべたが、本年は1議員として参列。戦没者の御霊の平安を祈るとともに不戦の誓いを新たにした。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。