岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語8.25  『県政報告の集い』開催

  • 2018.8.25

「県政報告の集い」 開催

パレアホールにて岩下栄一の本年13回目の県政報告の集いが開催され、約200名が参加した。

会の中で岩下氏は、最近の政治情勢にふれ、安倍政治への危惧、石破氏への期待などのべた他、県政の観光振興策、社会保障、震災からの復旧復興の取り組みについて報告。「被災者の住宅確保が完了しなければ、復旧復興は終わったとはいえない」と訴えた。

県民の生活利便向上のために道路や農地の整備が進められている点や来年開催されるラグビーワールドカップ、女子ハンドボール世界大会など国際的なイベントの開催をふまえ、熊本県への誘客と国際化を進める必要性を指摘した。

次世代に向けて、文化財の保存に向けた取り組みや被災した学校の復旧状況にも触れながら、人口減少に対して少子対策、子育て支援を多面的に進めている点も強調した。

ピックアップ記事

  1. 県議会では、複雑・多様な県の仕事に対応し、本会議に先立って専門的に審査するため、常任委員会と特別委...
  2. ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し...
  3. 身を挺して暴漢の襲撃から河野氏をかばう安倍元首相の銃撃死去は、全国民に衝撃を与えたが、岩下...
  4. 感性や想像力を育む場に建築家の安藤忠雄氏から知事に対し、「こどもたちが、いろいろな本に出会...
  5. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。