岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語9.19  私立学校振興懇談会が開かる

  • 2019.9.20

9月19日、私立学校振興懇談会が開催され、岩下も顧問を務めており、議連の一員として出席した。(議連会長は前川県議)

岩下はあいさつの中で、「震災後、村上前議連会長とともに県下の私立学校全校を視察したことをふまえ、各校が国、県の多大な援助のなか、自助努力もあり、復興をとげてきたこと、加えて生徒が困難をのりこえ、元気に就学、スポーツや学業に頑張ってきたことに拍手をおくりたい」とのべた。

「人材は私学から」とかねて主張している岩下は、蒲島知事の時習館構想の発想と人づくりの姿勢をたたえ、本県私学教育の発展に期待をのべた。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。