岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語9.21  新・熊本市民病院の落成を祝う

  • 2019.9.22

かねて移転新築中の市民病院がようやく落成した。

大西市長の熱意とリーダーシップで完成したもの。

地震で被害をうけた当院は、財務省や厚労省の支援のなか拠点病院としての万全の機能を整え、スタートをきった。

岩下は地震前から当院の改築を主張していたが、今日に到った。

脳梗塞を発症した岩下は地震直前に入院、娘も出産前で入院していたが、震災のため福岡こども病院に転院をよぎなくされた。

当院は周産期医療、小児医療では全国的に評価が高く、高度な専門性を有する。

政策医療に高い期待がよせられている。またチーム医療の実践にも期待が高まっている。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。