岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語9.24  商工会と議員連盟との懇談会開かる

  • 2019.9.25

商工業振興議員連盟(会長・前川收)と商工会連合会との懇談会が催され、議連顧問として岩下も出席した。

席上、地域を支える商工会から次の提案と要望があった。

第一に、特任経営指導員による事業継承支援の強化。

第二に、若手後継者育成事業の県補助金の充実。

第三に、小規模事業者復興支援コーディネート事業の充実。

第四に、商工会職員の資質向上と組織体制の充実強化にむけた支援などである。

会には、蒲島知事、磯田商工観光労働部長も出席。両氏から要望の主旨を十分ふまえてとりくむとの表明があった。

議員連盟からは37名中、ほぼ全員が出席した。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。