岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語5.31  自民党政審会

  • 2018.5.31

5月31日 自民党政審会が開催され、
岩下は次のことについて意見を述べました。

教育長に・・・
「二つの支援学校の卒業式に出席し、先生方の努力と手厚いケアに感動した。特別支援学校の条例改正がされると聞く。本県で現況の人材や施設は十分充足しているか?」

県警本部長に・・・
「小さい子をねらう犯罪が多発している。犯人はだいたいそういう傾向があり、常習化しているのではないか。こどもの安心安全を守るためどういう対策をされているか?」

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。