最近思うこととお知らせ

「風化を防ぎ、危機管理意識を」 熊本中央ライオンズクラブでの卓話

熊本中央ライオンズクラブの元会長である岩下は7月11日、広島・岡山風水害の状況を受けて、同ライオンズクラブ例会卓話として熊本地震の経験をふまえ、自然災害の対応について語った。寺田寅彦の「災害は忘れたころにやってくる」の言葉通り、まさに記憶の風化を防ぎ、危機管理意識を保つことが何より大事だ。6.26大水害の時、小1だった岩下は、このことを強調した。

急傾斜地の多い熊本では危険箇所に住む人も多く、住居の移動についての公費補助などについて語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 長崎原爆の日、実践倫理宏正会の平和記念朝起き会に参加しました。
  2. 『岩下文庫』開設この度、岩下事務所内に岩下文庫を開設。
  3. 校区防犯協会の会長である岩下は、地域の安全安心を守るパトロール活動を実践していますが、地域の同志の皆...
  4. このところいろいろな感謝状をいただいていますが、青少年を地域で健やかに育成する活動を青少年健全育成協...
  5. 県と市が主催する「第17回くまもと障がい者スポーツ大会」が5月20日(日)、熊本県総合運動公園陸上競...