最近思うこととお知らせ

いわもんニュース3.25 図書紹介 渋沢栄一「論語と算盤」

日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。

「利潤と道徳を調和させる」という、経済人がなすべき道を示した『論語と算盤』は、すべての日本人が帰るべき原点である。

明治期に資本主義の本質を見抜き、約四百七十社もの会社設立を成功させた彼の言葉は、指針の失われた現代にこそ響く。

経営、労働、人材育成の核心をつく経営哲学は色あせず、未来を生きる知恵に満ちている。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。
  2. 【大会ビジョン】「絆 協創 そして前へ」ConnectCreate Go For...
  3. 昨年開設した岩下文庫には、今月約20冊の新規の入庫があったが、そのうちの一冊。
  4. 県議選も終り、結果として18,234票いただきました。
  5. 【選挙事務所のご案内】2月13日に「事務所開き」を開催いたしましたのでご案内いたします。