岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語12.9  農業危機突破大会に3000人

  • 2018.12.11

農業危機突破大会がグランメッセで開催され、農政議連の一員である岩下も賛同と共感をもって参加した。

現在の農業情勢は、相次ぐ自然災害に加え、原油価格の上昇に伴う灯油価格や生産資材価格の高止まり、輸送コストの増大、労働力不足など問題山積である。

加えて、TPP11や日EU・EPA、TAG(日米物品貿易協定)など、生産現場には不安と戸惑いが広がっている。

以上の状況は食料供給基地としての熊本農業に大きな影響を及ぼすことは必至だ。そうしたことをふまえ県下から3000人の農業者が集まり、農業者の切実な声で盛り上がった。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。