岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語6.18  総務委員会

  • 2019.7.10

6月の定例会の委員会では次のような発言をし、県執行部を質しました。

○防災支援員は消防課のOBで1名ときくが、どこで活動するのか。

○自主防災クラブは県内に3600団体50%実質稼働。稼働率をあげていくべき。

○時習館構想は若い時代海外に雄飛した知事の想いを反映しているが、現在までの成果は。評価は。

○人事交流は県と市町村の交流だそうだが、民間との人事交流は? 行政の公共性、民間の効率性をお互い学ぶことで効果が高いのではないか。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。