岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語3.24  158回 熊本県都市計画審議会 開かる(熊本テルサ)

  • 2021.3.24

158回熊本県都市計画審議会が3月23日開催された。土地の有効活用、区画整理などを公正に審議する会で議会関係者6名、行政関係者、学識経験者等で構成される。審議会は、年数回開催されるが、岩下も議会の代表として務めており、毎回出席、積極的な発言を繰り返している。

この日は御船町のマスタープランがテーマで滝川地区の集落ゾーンなどについて岩下も発言した。滝川地区は、平成音楽大学の所在地で現在では農業ゾーンと集落ゾーンとに区分されている。

平成音大は九州唯一の音楽大学であり、優れた人材を多数輩出しており、多くの学生も在籍。文化都市をめざす御船町にとってはその核となるべきところ。

そこで岩下は、この地区について学園ゾーンひいては学園都市として県も町ももっと取り組むべきと述べた。

ピックアップ記事

  1. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。
  2.  カーボンニュートラル、脱CO2は時代のキーワードになっている。
  3. 【大会ビジョン】「絆 協創 そして前へ」ConnectCreate Go For...
  4. 昨年開設した岩下文庫には、今月約20冊の新規の入庫があったが、そのうちの一冊。
  5. 県議選も終り、結果として18,234票いただきました。