岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語3.24  158回 熊本県都市計画審議会 開かる(熊本テルサ)

  • 2021.3.24

158回熊本県都市計画審議会が3月23日開催された。土地の有効活用、区画整理などを公正に審議する会で議会関係者6名、行政関係者、学識経験者等で構成される。審議会は、年数回開催されるが、岩下も議会の代表として務めており、毎回出席、積極的な発言を繰り返している。

この日は御船町のマスタープランがテーマで滝川地区の集落ゾーンなどについて岩下も発言した。滝川地区は、平成音楽大学の所在地で現在では農業ゾーンと集落ゾーンとに区分されている。

平成音大は九州唯一の音楽大学であり、優れた人材を多数輩出しており、多くの学生も在籍。文化都市をめざす御船町にとってはその核となるべきところ。

そこで岩下は、この地区について学園ゾーンひいては学園都市として県も町ももっと取り組むべきと述べた。

ピックアップ記事

  1. 県議会では、複雑・多様な県の仕事に対応し、本会議に先立って専門的に審査するため、常任委員会と特別委...
  2. ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し...
  3. 身を挺して暴漢の襲撃から河野氏をかばう安倍元首相の銃撃死去は、全国民に衝撃を与えたが、岩下...
  4. 感性や想像力を育む場に建築家の安藤忠雄氏から知事に対し、「こどもたちが、いろいろな本に出会...
  5. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。