岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語1.17  危機管理部の創設を

  • 2021.1.17

1月17日、自民党県連で自民党県議団と県執行部の合同会議があり「新しいくまもと創造に向けた基本方針」を協議、意見交換をした。

このなかで岩下は地震、水害、今回のコロナ禍をふまえ、災害に備えて県一円の連携を緊密にするため「危機管理部」の創設を訴えた。

現在、危機管理体制として知事公室の直属として「危機管理監」がおかれ、その下に危機管理防災課があったが、これを部に昇格し、新部を設置するという意見だ。

県民生活をおびやかす危機は、テロ、水害、地震、ウイルス感染症、異常気象、原子力災害など数限りなく存在するからだ。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。