岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語12.12  果樹農業の課題と問題について果樹議連の会合 開かる

  • 2021.12.12

12月12日、県議会果樹農業振興協議会とJA果実連との情報交換会が行われ、岩下も果樹議連の一員として参加した。本県は有数の果樹の生産量があり、いくつかの課題を話し合った。

課題として以下のことが議論された。

(1)温暖化等の気象変動に対応した優良品種の開発と普及

●安定生産、省力化栽培技術への対応

(2)働きやすい園地作りによる生産者の規模拡大と経営安定

①国・県・中間管理機構と連携した基盤整備、集積取り組み推進

②果樹経営支援対策事業の活用

(優良系統の改植・新植による導入、園内道の整備等)

③鳥獣被害対策の取り組み実施

④果樹共済事業「農業経営収入保険制度」の啓発

⑤安心・安全なくだもの作りの推進

(省力化を目的としたドローンの活用)

ピックアップ記事

  1. 県議会では、複雑・多様な県の仕事に対応し、本会議に先立って専門的に審査するため、常任委員会と特別委...
  2. ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し...
  3. 身を挺して暴漢の襲撃から河野氏をかばう安倍元首相の銃撃死去は、全国民に衝撃を与えたが、岩下...
  4. 感性や想像力を育む場に建築家の安藤忠雄氏から知事に対し、「こどもたちが、いろいろな本に出会...
  5. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。