岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語12.15  総務委員会で質問

  • 2021.12.15

今回の総務委員会では、岩下が熊本時習館海外チャレンジ推進事業についてその成果等について質問した。

熊本時習館構想はかつての藩校時習館が幅広く人材を集め育成したことにならい、若い世代の学びの場を提供するもの。

熊本・モンタナ奨学制度(海外大学進学支援事業)、高校生海外留学支援事業などが実施され、特に、海外進学・留学を目指す生徒への支援として実施された「海外チャレンジ塾」では、令和3年度までに688名の生徒が当塾を受講し、36名の塾生が海外大学等に合格するとともに、マサチューセッツ工科大学など世界的な難関大学への進学者も生まれている。

人材育成について強い関心をもつ岩下はこの問題に強く賛同の意をもち応援している。

 

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。