最近思うこととお知らせ

原爆の日 ジャヤワルダナ大統領の演説に思う

長崎原爆の日、実践倫理宏正会の平和記念朝起き会に参加しました。この中で私は、スリランカのジャヤワルダナ大統領の1951年サンフランシスコ講和会議におけるスピーチにふれました。

ワルダナ大統領は、日本に対する戦後補償をいちはやく放棄。憎しみでは戦争は終わらない。愛と慈しみこそが平和の鍵だと語っています。県美で開催中のアニメ画家・山本二三展で、火垂るの墓の絵で戦争孤児の兄妹の悲劇的な結末をみ、二度と戦争をしてはならないという思いを強くもちました。戦争で一番苦しい思いをするのは、子供たちだからです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 長崎原爆の日、実践倫理宏正会の平和記念朝起き会に参加しました。
  2. 『岩下文庫』開設この度、岩下事務所内に岩下文庫を開設。
  3. 校区防犯協会の会長である岩下は、地域の安全安心を守るパトロール活動を実践していますが、地域の同志の皆...
  4. このところいろいろな感謝状をいただいていますが、青少年を地域で健やかに育成する活動を青少年健全育成協...
  5. 県と市が主催する「第17回くまもと障がい者スポーツ大会」が5月20日(日)、熊本県総合運動公園陸上競...