最近思うこととお知らせ

原爆の日 ジャヤワルダナ大統領の演説に思う

長崎原爆の日、実践倫理宏正会の平和記念朝起き会に参加しました。この中で私は、スリランカのジャヤワルダナ大統領の1951年サンフランシスコ講和会議におけるスピーチにふれました。

ワルダナ大統領は、日本に対する戦後補償をいちはやく放棄。憎しみでは戦争は終わらない。愛と慈しみこそが平和の鍵だと語っています。県美で開催中のアニメ画家・山本二三展で、火垂るの墓の絵で戦争孤児の兄妹の悲劇的な結末をみ、二度と戦争をしてはならないという思いを強くもちました。戦争で一番苦しい思いをするのは、子供たちだからです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。