最近思うこととお知らせ

いわもんニュース3.1 図書紹介 伊東潤「威風堂々」

大隈重信の生涯

幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。

佐賀藩の士族に生まれ、幕末長崎でフルベッキにアメリカ独立宣言文を学んだ大隈は、青雲の志を抱き奔走。イギリスのパークス公使との外交交渉でその能力を高く評価され、政府の中枢に地歩を築いたが、明治14年政争に敗れ下野。学問の自由と独立を標榜して早稲田大学を創立、人材育成に情熱を燃やした。その後政界に復帰、国会開設に活躍、総理大臣を二度も務めた。日本を近代国家に導いた男、波乱万丈の生涯を描く巨編。

伊藤潤、中央公論新社(上)(下)、各1,980円(税込)


関連記事

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。