岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語1.6  県文化協会も50周年

  • 2022.1.6

1月6日、県文化協会創立50周年の記念式典が開催され、文化協会の古い会員である岩下も文化懇話議員連盟の一員として出席した。

本県の文化振興をめざす多くの人々の努力によって50年をむかえ、感慨深いものがあった。

式典ののちくまもと子ども芸術祭が引き続いて開催。次代を担う若い人々の「八千代座子ども歌舞伎教室」の白浪五人男や日本舞踊 伝承・つぼみ會の披露などがあった。

若い人々が熊本の文化の担い手として活躍されることを期待したい。

 

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。