岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語3.16  「2月定例県議会」閉幕

  • 2022.3.16

2月定例県議会は3月16日、令和4年度当初予算を可決して閉幕した。補正予算と合算すると1兆810億6200万円となり大型予算である。

コロナ対応に21年度比300億円増の1116億円を計上。感染者用の病床や宿泊施設を増すほか、PCR検査体制を拡充する。ワクチン3回目追加接種用の県営会場運営費も盛り込んでいる。

20年7月豪雨災害関連には249億円減となる338億円を、熊本地震関連には109億円減の224億円。重点施策として「半導体産業の集積」「高度情報化の推進」「移住定住の推進」などを挙げている。

令和4年度当初予算の基本的な考え方や重点施策を説明する蒲島知事

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。