岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語3.10  総務常任委員会で発言

  • 2022.3.10

総務委員会は3月10日開催され、委員会所管の議案について論議され可決承認された。

この中で岩下は、県職と民間、大学などの人事交流の現状についてお互いの効率性や公共性を学ぶ上での交流の効果など、人事の活性化などについて質した。

また、県立劇場についてコロナの影響で来館者が激減していると言うことだが、文化への熱は高まっており、ポストコロナの県立劇場について、その意気込みを質した。さらに、東京に学ぶ県人の寮である有斐学舎について若干の運営補助金が例年通り付いているが、建て替えを含む中長期的な改革案をそろそろ考えてはどうかと発言した。

熊本県人のための首都圏学生寮「有斐学舎」

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。