岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語3.2  ロシアのウクライナ侵攻に対する熊本県議会の決議

  • 2022.3.2

2月24日、ロシア軍はウクライナへの軍事侵攻を開始した。

このことは、力による一方的な現状変更の試みであり、ウクライナの主権と領土を侵害する明白な国際法違反で、国際秩序の根幹を揺るがす行為として、断じて許容できず、我が国の安全保障の観点からも看過できない。

国際社会ひいては我が国の平和と安全を著しく損なう、明らかに国連憲章に違反する行為であるとともに、ウクライナに拠点を持つ日本企業や現地在住邦人が緊迫した状況に置かれており、断じて許容できない暴挙である。

ここに、熊本県議会は、ロシアに対し一連のウクライナ侵攻への軍事侵攻に厳重に抗議するものである。

以上、決議する。

令和4年3月2日

熊本県議会

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。