岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語2.24  「熊本県スポーツ協会」理事会開催

  • 2022.2.24

公益財団法人熊本県スポーツ協会(旧体協)の理事会が開催され、令和4年度事業計画2月24日案が論議された。

岩下も顧問として出席した。岩下が特に関心を持つのは、子供のスポーツ環境整備支援事業〈県補助事業〉である。これは子供たちのスポーツに対する興味関心や意識を高め、各競技の普及とジュニア選手の育成を図る。また、高い指導力と専門性を持つ競技団体が、地域と連携しながらスポーツ教室や体験合宿等を行うことで、地域活性化を図るとともに、子供の可能性を引き出すきっかけ作りを行うこと。

ピックアップ記事

  1. 県議会では、複雑・多様な県の仕事に対応し、本会議に先立って専門的に審査するため、常任委員会と特別委...
  2. ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し...
  3. 身を挺して暴漢の襲撃から河野氏をかばう安倍元首相の銃撃死去は、全国民に衝撃を与えたが、岩下...
  4. 感性や想像力を育む場に建築家の安藤忠雄氏から知事に対し、「こどもたちが、いろいろな本に出会...
  5. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。