岩下栄一の県政人語

岩下栄一の県政人語2.24  「熊本県スポーツ協会」理事会開催

  • 2022.2.24

公益財団法人熊本県スポーツ協会(旧体協)の理事会が開催され、令和4年度事業計画2月24日案が論議された。

岩下も顧問として出席した。岩下が特に関心を持つのは、子供のスポーツ環境整備支援事業〈県補助事業〉である。これは子供たちのスポーツに対する興味関心や意識を高め、各競技の普及とジュニア選手の育成を図る。また、高い指導力と専門性を持つ競技団体が、地域と連携しながらスポーツ教室や体験合宿等を行うことで、地域活性化を図るとともに、子供の可能性を引き出すきっかけ作りを行うこと。

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。