最近思うこととお知らせ

「風化を防ぎ、危機管理意識を」 熊本中央ライオンズクラブでの卓話

熊本中央ライオンズクラブの元会長である岩下は7月11日、広島・岡山風水害の状況を受けて、同ライオンズクラブ例会卓話として熊本地震の経験をふまえ、自然災害の対応について語った。寺田寅彦の「災害は忘れたころにやってくる」の言葉通り、まさに記憶の風化を防ぎ、危機管理意識を保つことが何より大事だ。6.26大水害の時、小1だった岩下は、このことを強調した。

急傾斜地の多い熊本では危険箇所に住む人も多く、住居の移動についての公費補助などについて語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。
  2. 私と石原慎太郎氏との出会いは、銀座の石原事務所であった。
  3. 蒲島知事は9月定例県議会において、県の方向性を表明。
  4. あらためて読む「大地の子」 山崎豊子の平成3年の作。中国残留孤児の壮絶な半生。
  5. 日本実業界の父が、生涯を通じて貫いた経営哲学とはなにか。