最近思うこととお知らせ

「風化を防ぎ、危機管理意識を」 熊本中央ライオンズクラブでの卓話

熊本中央ライオンズクラブの元会長である岩下は7月11日、広島・岡山風水害の状況を受けて、同ライオンズクラブ例会卓話として熊本地震の経験をふまえ、自然災害の対応について語った。寺田寅彦の「災害は忘れたころにやってくる」の言葉通り、まさに記憶の風化を防ぎ、危機管理意識を保つことが何より大事だ。6.26大水害の時、小1だった岩下は、このことを強調した。

急傾斜地の多い熊本では危険箇所に住む人も多く、住居の移動についての公費補助などについて語った。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 県議会では、複雑・多様な県の仕事に対応し、本会議に先立って専門的に審査するため、常任委員会と特別委...
  2. ロシア帝国やソヴィエト連邦のもとで長く忍従を強いられながらも独自の文化を失わず、有為の人材を輩出し...
  3. 身を挺して暴漢の襲撃から河野氏をかばう安倍元首相の銃撃死去は、全国民に衝撃を与えたが、岩下...
  4. 感性や想像力を育む場に建築家の安藤忠雄氏から知事に対し、「こどもたちが、いろいろな本に出会...
  5. 大隈重信の生涯幕末から昭和までを駆け抜けた大衆政治家大隈重信の伝記的小説。